アレルギー性鼻炎の原因と対策

口呼吸がアレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因の一つとして呼吸法に問題があると、みらいクリニック院長の今井氏は語っています。
今回は「正しく鼻呼吸すれば病気にならない」という書籍を参考に解説していきたいと思います。

 

ここで言う呼吸法とは鼻呼吸と口呼吸のことをいい、特に難しい呼吸法を提唱しているわけではありません。
たぶん、皆さんは口呼吸のどこに問題があるんだよ、と疑問に思うかもしれませんが、
鼻呼吸の仕組みについて理解すれば、ある程度うなずけるのではないかと思います。

鼻呼吸の仕組み

人は鼻で呼吸して肺へ空気を送り込み、酸素を体に取り入れています。
鼻から取り込んだ空気はホコリやチリなどの大きなゴミから目に見えない小さな細菌、ウイルスなどをキャッチして肺へ侵入を防いでくれるのが鼻の役目です。鼻の内部の粘膜はとても細かな繊毛(せんもう)と呼ばれる毛で覆われており、同一方向(食道)へ異物を運び輩出するようになっています。人間が病気にならないのは鼻呼吸で外敵から身を守っているからなんです。

 

ということは、口呼吸をした場合はどうでしょう?ゴミをキャッチする機能は当然ありませんから異物は肺へ送り込まれてしまうわけなんです。ウィルスや細菌が肺へ侵入し、様々な病気を引き起こしますが、以下がその代表される病気です。

 

  • リウマチ
  • 花粉症
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支ぜんそく
  • 慢性副鼻腔炎
  • ドライマウス

 

など口呼吸で様々な病気を引き起こすのです。
鼻の役割は前述したとおりですが、内部は適度に湿っており温かく、冷たい空気を吸い込んでも湿らせて暖かくし、肺へ送り込まれます。
体が弱ってしまうと、この鼻の機能も低下して、時には乾燥を招くこともあります。乾燥した状態になると炎症を起こし、細菌やウィルスの侵入も防ぎきれない状態となるのです。こうなってくると悪循環で、鼻が詰まったり粘膜が腫れたり、鼻で呼吸できないので口で呼吸してしまう、といったこともあるでしょう。

口呼吸を改善しよう!

意外にも人は口呼吸をしているという自覚がある人は少ないかもしれません。大きく息を吸い込むことが出来るので、楽ですが、体にとって、とても負担があり、リスクは計り知れないことだということを認識をしなければいけません。

 

ちなみに冒頭で紹介した”みらいクリニック”にはアトピーやリウマチ患者が多く訪れるそうですが、鼻呼吸を指導した所、改善されたという報告が多数あるようです。しかも短期間に。

 

抱えてる疾患は人それぞれ原因は異なると思いますが、もし”口呼吸”の疑いがあるなら鼻呼吸へ早急に直してみてください。

「あいうべ体操」で改善を!

口を大きく開けて
「あ、い、う、べー」と最後に舌を力いっぱい出して舌筋を鍛える体操です。
ポイントは一つ一つの動作をゆっくりと行うこと、そして大きく動作することが重要です。

 

この動作を1セットとして30〜60セットを毎日風呂場で行います。
なぜ風呂場かといいますと、湿度が保たれており、大きく口を開けても乾燥を防ぐことが出来ます。
また、お風呂でお湯に浸かりながら出来るので、時間をわざわざ割く必要がありません。

 

もう一度書きますが、ポイントは動作を大きくです。
目的は舌の筋肉の強化にあり、口の周りの筋肉も鍛えます。
顔が引き締まって小顔効果も期待できますので、是非女性のかたもチャレンジしてください。

 

また、この運動をすることによって、睡眠時に舌が喉の方へ垂れる事も防ぎます。
寝ている時の口呼吸も防ぎましょうということですね。

 

このあいうべ体操は、役に立ちますよ!