鼻水・鼻詰まりの症状を改善

アレルギーのしくみ

マスクをする女性

まずは花粉症の仕組みや原因について理解を深めていきましょう。

 

私達の体は外部から侵入するウイルスや細菌から身を守る機能があります。目、鼻に入った異物を涙や鼻水で排出したり洗い流そうとする防衛反応です。花粉症で鼻水やくしゃみ、目のかゆみが発生するのはこうした身を守ろうとする働きが過剰に反応してしまうからなんです。これをアレルギー反応といいます。

 

ウイルスや細菌などの外敵が体に侵入すると体内ではそれらを殺すと同時に、外敵の種類に応じた抗体を作り出します。同じ外敵が侵入しても動きを封じて無害化しますがこれを抗体抗原反応といい、こうした自己防衛のしくみを免疫と言います。

 

しかし、アレルギー体質の方は、無害であるはずの花粉まで過剰反応して抗体を作ってしまいます。特定のアレルゲンに反応し不快な症状をもたらすのがアレルギー反応です。体を守るはずの免疫システムが上手く機能しない困った病気がアレルギー性鼻炎なのです。


免疫システムが乱れる理由

花粉に対して抗体が作られても直ぐに症状が現れるわけではありません。体内に蓄積された抗体が許容値を超えた時にようやく鼻水や鼻詰まり・目のかゆみとなって現れるのです。

 

アレルギー体質は遺伝的要素が強いと言われていますが、最大の要因は生活習慣やストレスなど現在のライフスタイルが原因で免疫システムのバランスが崩れ、アレルギーの許容値が超えたところでアレルギーの症状となって現れるのです。しばしばコップに例えられますが、コップからあふれた抗体がいっぱいになるとアレルギー症状となって外にでる。また、花粉症な一度症状が出ると、少しでも体内にアレルゲンが取り込まれると反応を起こします。それは花粉症だけでなく、ぜんそく、アトピーなども同じです。

アレルゲンの特定が大切

花粉が飛散する時期に症状が現れるからやはり花粉症?いいえ、一度アレルギー性鼻炎であるかどうか、病院で必ず確認して下さい。アレルギー鼻炎のうち、花粉が原因であれば季節性アレルギー性鼻炎、それ以外のハウスダストやダニが原因とされるのは通年性アレルギー性鼻炎となります。

 

また、アレルギー疾患の治療は基本、症状を抑える対処療法が一般的ですが症状が酷い場合など、根治療法であるアレルゲン免疫療法という手もあるでしょう。アレルゲンを少しずつ体内に注入し抵抗力を付けて過剰な反応を抑える治療です。但し2年という長い年月をかけて治療しますので根気が必要です。

 

ただ、鼻呼吸とアレルギーの関係で興味深い事実があるので口呼吸と鼻呼吸の決定的な違いも合わせてお読みください。

鼻水・くしゃみが出る理由

鼻は空気を取り入れ、酸素を肺へ送り込むための大切な役割を果たしています。ウイルスや細菌などそのまま体内へ取り入れると様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。そこで鼻の内部にはちゃんとそうした異物を排除する働きがあるのです。先ずは目に見える鼻毛ですね、鼻毛で大きな埃や塵をキャッチして侵入を防ぎます。更に鼻の粘膜には肉眼では見えない繊毛と呼ばれる毛で覆われていて異物をキャッチしてベルトコンベアーのようにゆっくりと食道へ流す働きをするのです。

 

このとき、粘膜に付着した異物が神経を刺激して反射が起き、異物を体外に出そうとする反応がくしゃみです。
また、粘膜に付着した異物を洗い流そうとするために鼻水が大量に分泌されるのです。また、鼻の内部に残った花粉はタンパク質成分が出て、粘膜に浸透していきます。この抗原に粘膜の組織が繰り返しさらされることでアレルギー反応が引き起こされ、鼻粘膜に炎症や腫れが発生し、くしゃみと鼻水が継続して現れるというのが花粉症の症状なのです。

鼻詰まりの発生メカニズム

花粉症は鼻粘膜に浸透した花粉の抗原成分によって肥満細胞が活性化され、ヒスタミンなどのアレルギー反応にかかわる化学伝達物質が放出されます。結果、鼻の粘膜が腫れたり血行が悪くなり鼻腔内が狭まれ、鼻が詰まったという感覚になるのです。基本的には片方ずつ詰まると思いますが、症状が悪化すると両方の鼻がつまり、口呼吸せざる得ない状況の時もあります。そうした場合は無理な外出は控えて安静にし、蒸しタオルで鼻を温めたり、ゆっくりと湯船に浸かって鼻の内部の潤すと良いでしょう。

鼻水・鼻詰まりを解消する方法

先ずは鼻の粘膜に付着した花粉を洗い流すことが大切。
花粉症で粘膜が弱っていたら繊毛の働きが機能していないかもしれません。そうした場合は家庭用吸入器のスチーム療法が効果的です。粘膜に付着した花粉を洗い流し、鼻の内部を温めて潤す効果があります。弱った粘膜を回復させる効果があるので、花粉症でも鼻水や鼻詰まりの症状にお困りの方はスチーム療法が出来るホットシャワーがオススメです。

 

鼻スチーム療法が出来る家庭用吸入器についてはこちら