アレルギー性鼻炎にも使える吸入器

花粉症の私にも強い味方

妻は副鼻腔炎で辛い毎日を送っていましたが、
私のほうは花粉症で2月、3月が毎年辛いんです(笑)

 

病院でアレルゲンを調べたわけでは無いですが、
時期や症状からみても「スギ」なのではと思っています。

 

花粉症の方は身を持って実感していると思いますが、
朝から晩まで辛いんですよね。

 

通年では無いので救われますが、2,3月は本当に地獄です。
何とか花粉を防ぐように心掛けていますが、目に見えない敵にいつも悪戦苦闘しています。

 

「辛い症状の一日はこんな感じ」

 

朝が一番つらく疲れが取れていない感じ。
顔全体がかゆく、特に目の周りが非常にかゆい。
寝る前に加湿とマスク、布団をかぶって寝ると、多少は朝が楽になる。

 

出勤前にシャワーで潤い。
症状がひどい時でもシャワーを浴びれば楽になります。

 

外に出ると一気にくしゃみが出始める。
仕事中は鼻水やくしゃみが出ると集中できないくなるので、市販薬で対応。

 

食事は刺激が多いものを食べるとくしゃみが出そうになる。
風邪と同じような体調で、食欲も減少。

 

帰宅したらとりあえずお風呂へ。
鼻の中が潤うのか、風呂に浸かると楽になる。
なので入浴中は幸せ。

 

風呂上り、少し時間が経つとまた症状がひどくなる・・・。
というような感じで、花粉時期は本当に辛い毎日です。

 

 

今回、妻の為に購入した家庭用吸入器「ホットシャワー」は、
実はアレルギー性鼻炎にも有効だと知り、私の花粉症対策としても試してみました。

 

実際、鼻の中を加湿するわけですから症状が和らぐのは何となく想像していましたが、
吸引したあとは本当に楽になります。

 

花粉時期は、妻と同じように朝晩吸引するよう心がけています。
おかげで色々と薬を試す必要がなくなりました。

 

ホットシャワーについてはこちらで詳しく書いています

花粉症に効果が感じられる民間療法(厚生労働省しらべ)

現在、厚生労働省のホームページには、以下のページが設けられています。
花粉症の民間医療について

 

千葉大学大学院研究員の調べ
アレルギー患者に民間療法を為して頂き、効果があるか調べると言う内容ですが、
ここにも興味深い調査結果が得られました。

 

効果が高かった民間療法を見てみましょう。

 

  • 漢方 50%
  • 鼻スチーム 46%
  • 鼻洗浄療法 46%
  • ハリ 44%
  • シジュウム茶 40%

 

となっています。

 

漢方は厚労省のページにある「霊芝」としましょう。
霊芝は免疫力の調整作用があり、弱った免疫力の向上に期待できます。
その他、血糖値・血圧の調整、血栓を防ぎ高脂血症やB型肝炎の改善にも良いとされています。
こうしても見ると万能な漢方薬と言えますが、花粉症にも効果が感じられるということです。

 

鼻スチームは当サイトで紹介させて頂いている家庭用吸入器のことです。
特に生理食塩水が使える吸入器が望ましいでしょう。

 

鼻洗浄療法は慣れていないと残り水が鼻の内部に残り、何かの拍子に耳の方へ流れる危険があります。
また、水分を直接鼻から吸い込むのは中々勇気が居るものです。
ただ、こちらも実践結果から効果が感じられる方がいらっしゃいますので無視はできないですね。
一つ気になるのは、先ほども書いたように耳の方へ残り水が流れて中鼻炎になる可能性があります。

 

私は体に負担の少ない吸入器の利用をお勧めしています。
鼻洗浄と違いリスクは無く、身を持って実感しています。

 

ハリ
鍼灸治療は「体質を改善して症状を押さえようという考え方」だそうです。
短期的と言うよりも長期的に治療を続けることで体質の改善を図っていきます。

 

シジュウム茶
アレルギー性鼻炎だけでなく美白効果や血糖値を抑える働きをします。
シジュウム茶はポリフェノールの一つであるタンニンが多く含まれており、
免疫力を高める効果が期待できます。

 

民間療法は体に負担が少ないので積極的に取り入れたいですね。
シジュウム茶に関しては私も初めて知りました。
お試しで一度飲んでみたいと思います。

 

 

こうしてまとめてみると、
粘膜に直接働きかける方法免疫力の向上を図る方法に分かれていますね。
どちらも体への負担はありません。但し鼻洗浄のやり方は十分注意してください。
ちなみに鼻スチームは楽になりますよ〜!

 

厚労省の民間療法しらべでした。