副鼻腔炎について

副鼻腔炎についてのお話

後鼻漏の原因として代表的な副鼻腔炎。
風邪などが長引き急性鼻炎となり最終的に副鼻腔にまで波及し副鼻腔炎になります。

 

【急性副鼻腔炎】
ウィルスや細菌感染によって鼻腔の一部が腫れ上がり、
空気の流れや分泌物の排出が妨げられれ、膿となってたまることを急性副鼻腔炎といいます。

 

症状は鼻づまり・鼻水・頭痛などが一般的で臭覚機能も低下がみられるようです。
鼻の通りが悪くなってしまうのは粘膜がはれ上がってしまった為、おこります。

 

鼻水の特徴としまして、最初は透明ですが徐々に黄色へと変化し粘っこい感じになります。
痛みに関しては、腫れた場所により様々。
頭やおでこが痛くなったり頬が痛くなったり、歯の痛みもあるようです。

 

治療法は?
耳鼻科で行われる治療はネブライザーと呼ばれる吸引機ですね。
少量の薬剤と水を噴霧して鼻と口から吸いこむことで炎症を抑えます。

 

 

【慢性副鼻腔炎】
蓄膿症という名称が一般的ですね。
往々にして急性副鼻腔炎が慢性化することで起きるそうです。
急性副鼻腔炎と違い、中々治りにくいのが現状です。
また、最近ではアレルギーを伴った他の要因なども絡み合い慢性副鼻腔炎となるケースもあるようです。

 

一般的に風邪が長引いて副鼻腔炎となる場合がほとんどですが、
カビによってなるケースもあるようです。

 

症状は急性副鼻腔炎と同じく、鼻づまりと鼻水、頭痛と頭の重さが挙げられます。
また、慢性副鼻腔炎は鼻にポリープが出来る患者が増加しているといい、
アレルギーや喘息との合併症によるものだと考えられています。

 

慢性副鼻腔炎の治療法も急性と変わらないですが、
ポリープが有る場合は除去する手術も考えなくてはいけません。
一般的に鼻腔内の洗浄、ネブライザー治療、場合によっては手術と言った具合です。

 

但し鼻洗浄や点鼻薬、薬を使った治療はオススメしません。
鼻洗浄は中鼻炎になる危険がありますし、薬はそもそも治すものではなく
症状を和らげるものです。ということはその場しのぎということですね。
確かに炎症を抑える薬も有りますが、長年服用しているのであれば
服用はやめるべきだと考えています。

慢性副鼻腔炎の治療法

トップページでもお伝えしたように慢性副鼻腔炎は
鼻粘膜の輸送機能が低下しています。
慢性副鼻腔炎がなぜ治らないかというと
ウイルスや細菌を洗い流す機能が低下しているため
新たな菌の付着や炎症を繰り返していることだと考えています。

 

鼻の一番大切な機能を回復させるために最適な方法が
生理食塩水を使った温熱治療です。

 

生理食塩水を使うことがポイントで、体液に近い液体を霧化させ
鼻の奥隅々まで行き渡ります。

 

そうすることで鼻粘膜の輸送機能を回復させることが出来るのです。
これは三重大学が実際に行った研究でも効果が期待されています。。
三重大学のページはコチラ

 

そこで私がおすすめするのが、唯一生理食塩水を使うことが出来る
A&Dの超音波温熱吸入器。
温熱治療は43度が最適と言われていますがこの製品も43度の細かなミストを
噴霧します。
気軽に自宅で出来るので仕事で忙しい方でも
無理なく毎日使うことが出来ます。

 

温熱治療は鼻腔内を温め、弱った部分を回復させ異物を洗い流す効果があります。
ということは2次感染を防ぐ事もできますね。

 

しかもそれだけではありません。
毎日使えば風邪の予防にもなります。
結局、鼻の病気で鼻づまりになると口呼吸になり、
口呼吸は細菌をそのまま肺へ送りますので風邪を引くんです。

 

そして口呼吸はそれだけではありません。
様々な菌やウイルスの侵入を許してしまうので
新たな病気の引き金になってしまうのです。

 

また慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の方で多いのが
免疫力の低下。風邪を引きやすいということですね。

 

そう言った事を考えると根本的な部分を治して
免疫力の向上を図っていくのが理想的です。

 

温熱治療は
慢性副鼻腔炎で悩まれていらっしゃる方に是非お勧めしたい治療法です。
但しポリープがある方は一度病院へ行かれることをオススメします。

 

ホットシャワーについてはコチラ

 

現在、薬を服用しても改善が見られない方、
長年、慢性副鼻腔炎と戦っている方など是非お試し頂きたいと思います。